読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロケジャン、ストレイフジャンプ、サークルストレイフもアリアリ

『BLACKROOM』では、ジョン・ロメロ氏が開発を中心となって率いるほか、『DOOM』の頃からの盟友エイドリアン・カーマック氏がアートディレクションを担当し、ヘヴィメタルバンド“ドッケン”での活動などで知られるジョージ・リンチがメタルサウンドを提供予定。

 ゲームはオールドスクールなテクを盛り込んだ高速なFPSを志向しており、ロケットジャンプ、ストレイフジャンプ、サークルストレイフといった初期『Quake』時代からのテクニックをフィーチャーするほか、MODや専用サーバーのサポートも行う。
 マルチプレイはCo-op(協力プレイ)、1対1のデスマッチ、アリーナ形式の多人数対戦などが用意され、6種類の公式マップ以外に、もちろんコミュニティがマップエディターで作り出したカスタムマップなどでもプレイ可能だ。

 そして10時間以上のシングルプレイのキャンペーンモードもある。ストーリーとしてはハイテク企業HOXARが研究していたリアルなホログラフィック技術が暴走し、現実とバーチャル世界が混在してしまう事態が発生。プレイヤーはHOXARのエンジニアであるSantiago Sonora博士として事態解決を目指す。
 とまぁそんな設定上、近未来都市だけでなく、西部劇風の街や幽霊屋敷なども登場するというのが面白そう。コンセプトアートではAR技術によるガイドを受けながら主人公が進んでいく様子が示されている。

   ルーセントハート RMT