読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外レビューハイスコア『シヴィライゼーションVI』


10月21日よりリリースされたシリーズ最新作『シヴィライゼーションVI(Sid Meier's Civilization VI)』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは92点(総レビュー数13件)と、強烈な高得点を叩き出しています。


スタック制の一部復活や都市拡張の変更など、前作から多くのメカニクス変更を遂げた『シヴィライゼーションVI』ですが、その大部分には好意的なレビューが寄せられています。しかしながら一部メディアからは各要素の働きに「説明不足」といった声も寄せられており、若干のマイナス要素として取り上げられていました。

http://www.gamemoney.cc/rmt/c-168.html

DeToNator、『オーバーウォッチ』での第1期活動を終了―第2期メンバーを募集中

プロゲーミングチームDeToNatorは、人気シューター『オーバーウォッチ(Overwatch)』での第1期活動終了を公式サイトにて報告し、今後の動向を発表しました。

国内と台湾の大会で優勝するなど、目覚ましい活躍を見せていた第1期DeToNator.Overwatchチームですが、先日開催され、惜しくも敗退したAPAC Premierをもって活動を終了。活動の詳細は10月下旬にDeToNator_chで発表するとのこと。また、現在第2期活動に向けてメンバー募集も行っているそうです。

ドラクエ10 RMT

Wii U DL販売ランキング】『テラリア』2位浮上、VC『スーパーマリオ64』や『バードマニアパーティ』などランクイン(

2016年9月26日版のWii Uのダウンロードソフトランキングをご紹介します(19時現在)。

今週も『ブロック ビルダー』が連続で首位を獲得。また、先週初登場のWii U版『テラリア』は1ランクアップで2位ランクインとなりました。

下位では『スーパーマリオ64』や『バードマニアパーティ』などが浮上したものの、その他の顔ぶれは特に変わらず、順位も安定した推移を見せる結果となりました。

戦慄ホラー『Outlast 2』を『リトルビッグプラネット3』で再現―可愛いのに怖い!

自由なステージ作成ができる人気アクションゲーム『LittleBigPlanet 3』。本作でホラータイトル続編『Outlast 2』を再現したゲームプレイ映像が公開されています。

SUPER_JACK_55氏が制作した本ステージは、先日配信された『Outlast 2』体験版をベースにしており、各種スポットやイベント、『Outlast』シリーズで重要な"ビデオカメラ"などが事細かに再現されています。既にオリジナルの体験版をプレイしたユーザーは展開がわかってしまいますが、キュートな見た目であってもその恐怖は健在。視聴者を恐怖させる音の使い方も秀逸です。

通常、『LittleBigPlanet 3』のステージはダウンロードして使用できますが、シリーズの国内向けオンラインサービスは7月31日に終了済み。残念ながら国内版では遊べないようです。

柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

愛嬌のある顔つきで海外でも人気が高まっている“柴犬”ですが、そんな柴犬との生活をフィーチャーした新作ゲーム『Year of the Dog』をインディーデベロッパーFoxdog Farmsが開発中です。

 

本作の舞台はサンフランシスコ。飼い主が海外に行くということでしぶしぶ柴犬の世話を引き受けた主人公が、生き物の世話を通じて学び、成長していく様子が描かれます。

犬の世話に関する12のゲームビネット: もふもふの友人に出会い、世話の仕方や自分自身について学ぶ。

思い出を残すためのカメラモードとフォトアルバム。

サットロ・バスズやランズ・エンドが再現されたサンフランシスコのアウター・リッチモンドを探索。

他の犬や他の飼い主、変わり者など近所の人との出会い。

犬自身にもなれるチャプター間のミニゲーム

ストーリーは犬が非常に心配な飼い主と、主人公とのメールのやり取りで構成。

飼い主からのメールはプレイヤーが行った選択に基づいてダイナミックに生成。各プレイスルーではオシッコやウンチなどのユニークな記録を残す。

犬の世話についての学習 - 柴犬を飼うことに興味があるなら、このゲームの内容は警告と思うかもしれない。

 

犬好きには気になるかもしれない『Year of the Dog』はPC/Mac/Linuxを対象にリリース予定。明確なリリース時期は決まっていないものの、2017年を目標にしているとのことです。公式Twitterでは開発中の映像を収めたGIF動画も紹介されています。

SUN  RMT

『DOOM』最新作のサウンドトラックが無料公開―名曲の数々が2時間以上収録

Bethesda Softworksは、PS4/Xbox One/PC向けシューター『DOOM』のオリジナルサウンドトラックをYouTubeにて無料公開しました。

 

2時間8分に及ぶこの映像には、『DOOM』のBGM31曲が収録されています。どれも熱い曲ばかりなので、本作をプレイしていない人でも、試しに聴いてみてはいかがでしょうか?(筆者としては「Rip & Tear」がオススメです)

以下がサウンドトラックの収録曲です。

 

DOOM - Original Game Soundtrack - Mick Gordon & id Software

01. I. DOGMA 00:01
02. Rip & Tear 00:45
03. At DOOM’s Gate 5:02
04. Rust, Dust & Guts 06:13
05. II. DEMIGOD 13:56
06. Hellwalker 14:45
07. Authorization; Olivia Pierce 19:51
08. Flesh & Metal 22:15
09. Impure Spectrum 29:16
10. Ties That Bind 31:00
11. BFG Division 33:08
12. Residual 41:34
13. Argent Energy 42:58
14. Harbinger 46:05
15. Biowaves 53:15
16. Olivia’s DOOM (Chad Mossholder Remix) 55:31
17. Transistor Fist 1:00:11
18. Dr. Samuel Hayden 1:06:20
19. Cyberdemon 1:10:32
20. Incantation1:16:49
21. III. DAKHMA 1:20:26
22. Damnation 1:22:42
23. The Stench 1:29:24
24. UAC Report File; SHTO36U3 1:32:17
25. Death & Exhale 1:35:20
26. SkullHacker 1:39:11
27. Lazarus Waves 1:46:26
28. VEGA Core 1:50:06
29. 6-idkill.vega.cih 1:58:08
30. Mastermind 1:59:47
31. IV. DOOM 2:06:26

 

イカロス RMT

『Dota 2』アンチメイジ&ウィンドレンジャーがfigmaに登場!プレイヤー特典も付属

グッドスマイルカンパニーは、 Valveが運営するMOBA『Dota 2』に登場するヒーロー「アンチメイジ」と「ウィンドレンジャー」のアクションフィギュアの予約受付を開始しました。

両製品は、グッドスマイルカンパニーfigmaシリーズからリリースされるもので、購入特典として漫画家の長田悠幸氏のコミックカードとゲーム中で使えるデジタルアンロックカードが付属されます。ふたりのキャラクターは、原作の雰囲気とは異なるものの、これはこれでまた別の魅力を備えているのではないでしょうか。

ドラクエ10 RMT